放送後記#10 2020年2月1日分

放送後記#10 2020年2月1日分

昨日で10回目の放送を迎えました。お聞きいただきました皆様ありがとうございました。

プレイスコーヒーで偶然お会いした御仁のお話を通してキャリアのお話をさせていただきました。「登利平の弁当を買いに東京都文京区から来る人」というのは、熊谷に住んでいる側からすると想像を超えていて、数字で考えるペルソナの設定の範疇を超えています。実際に耳にした時には驚きました。(笑) 偶然の出会いからお話が弾みました。プレイスコーヒーというコミュニティカフェの威力発揮ですね。梅澤店長も喜んでいたのが印象的です。

最近、キャリアが「切れない糸」を長く紡ぎながら、縫い続けることができるかにかかっていると感じます。ましてや、人と比べるものではないというのが良くわかります。もっとも大切なのは、その「切れない糸」が自分に嘘をつかないで紡ぎ続けられているかということです。

見方を変えると、「切れない糸」というのは、自分の意思で「切らせない糸」とも言えます。また、「照らされた糸」とも言えます。そう考えると、キャリアとは「作り上げる」ものではなく、少しだけ偶然性を含みリアルタイムに変化し続ける「出来上がってくるもの」とも言えるかもしれません。

色々な考えを巡らせる偶然の出会いをいただきました。本当にありがとうございました。

御仁からご紹介された本はこちらの三冊です。早速Amazonで購入してみたところで、梅原猛さんの本は手元に届いて読み始めたところです。今後の放送内でも、内容のご紹介ができればと思います。

次回の放送でお会いしましょう。

MOTHER SHIP
飯野泰弘

■MOTHER SHIP https://www.mothership-pj.com/

■株式会社煽飄堂 http://senpudoh.com/

FMクマガヤカテゴリの最新記事